活動記録

進藤ひろゆきの主な日々の活動についてお伝えします。

議会で一般質問を行いました

2002年3月5日 火曜日

現在、平成14年第1回議会定例会が会期中です。
その中で、2/26(火)に初めての一般質問を行いました。
今回は、5分類・計11項目の質問を行いました。

1)行財政改革について

・行財政改革の主体推進者は?
・行政評価システムが平成14年度から本格的に導入されるが現在の状況は?
・事務分掌(各部局の仕事内容)の条例化で先進している他自治体の調査研究状況は?

2)人事評価について

・平成15年度に計画している人事評価システムを前倒しすべきでは?

3)上水道事業について

・一般会計で補填される財源不足を確保するための具体的な取組みは?
・水道事業管理者の経営に対する思いを水道局内にどのように伝えているのか?
・広域管理や民間委託が可能となる4月施行の改正水道法に伴う対応は?

4)下水道事業について

・一般会計から多額の繰り入れをしなければならない状況で、受益者負担の観点も踏まえ財源確保をどうしていくか検討した上で今後の事業計画を市民に明らかにすべきでは?

5)市民広報の充実について

・市民が市政参加したくなるような広報とはどうあるべきか?
・主要公共施設や駅などに配置が計画される公共情報端末とはどのようなものか?
・市のホームページの全体行政を担当する専任者を置くべきでは?

市長や各部局の回答は別途、後援会ニュースや当HPの「議会報告」の中で順次掲載してまいります。(少々遅れておりますが、先の議会報告は現在作成中です。もうしばらくお待ちください。)

今回の一般質問で、「市民と行政がパートナーシップを発揮し、共にまちづくりを推進していく」ためには、「市が直面している上・下水道の課題」や、各自治体で既に先行されている「行政評価システム(各自治体で名称はまちまち)の長岡京市での状況」など、いろいろな課題に対しての【市民の皆さんにわかりやすい双方向の情報共有】の必要性を訴えました。

3/7(木)からは、予算審査特別委員会にて「平成14年度の予算について詳細な論議」が始まります。また3/18(月)と19(火)の「予算審査特別委員会小委員会」では、会派(フォーラム21)を代表して総括質疑をいたします。その席で「~双方向の情報共有~」とは具体的にどうあるべきか、私の考え(思い)をしっかりと訴えていきたいと思います。

2市の視察研修に参加

2002年2月23日 土曜日

2/14(木)~15(金)に、梶原議員と会派(フォーラム21)の視察研修として岡山市(岡山県)と下関市(山口県)へ行ってきました。

岡山市では、
 ・「くらしやすい福祉のまちづくり条例」
 ・「監査結果のHP公表」
下関市では、
 ・「粗大ゴミ収集ITで迅速化」
 ・「ネットで議会生中継」
をそれぞれ視察研修させていただきました。

今回の研修では、「市民参加のまちづくり」や「情報公開」「地域情報化」のあり方など市民の皆さんにも直結する内容を多く学ばせていただきました。これらで得られた知識と情報をしっかりと長岡京市にも活かしてまいります。

追伸: 日記帳でもお知らせしておりますが、2/21(木)より平成14年第1回議会定例会が開催されております。今回は大きく5つの項目で初めての一般質問をいたします。●私の予定は2/26(火)の5人目ですので、午後1時頃~2時頃の間にスタートすると思われます。どうぞ皆様、ぜひ傍聴へお越しください。

電機改革フォーラム議員団会議に出席

2002年2月13日 水曜日

2/7(木)~8(金)に行われた「第35回電機改革フォーラム議員団会議」に出席しました。この会議は、労働組合の電機連合(全日本電機・電子・情報関連産業労働組合連合会)組織内議員を対象としたもので、東京「晴海客船ターミナルホール」で行われ、約150名の組織内議員と約50名の組合関係者の総勢約200名が全国から出席しました。

【1日目】は、環境省地球環境局総務課総括補佐の「米谷仁」氏による講演「改めて環境問題を考える~地球温暖化・フロン・酸性雨 今地域で取り組むべきこと」の後、10グループに分かれ、「各地域での特徴的な環境問題への取り組み」や「家電リサイクル法1年経過後の現状と対策」などについて討議を行いました。環境基本計画の策定や環境条例の制定、ISO14001の取得や生ゴミ処理機購入への補助、廃食用油の燃料化、ゴミの有料化などについて参加者同士で活発な意見交換を行いました。

長岡京市でも、ゴミ問題としては最終埋め立てが必要なゴミの焼却残渣や道路側溝清掃汚泥などの総量のうち約30%は大阪湾のフェニックス計画の埋め立てに有料で処理され、残りの約70%が勝竜寺の最終処分場に埋め立てされています。ただしこの最終処分場は、このままのゴミ処理量が継続すると平成25年頃には満杯になってしまいます。参加されている方からは、「処分場が満杯になってからでは遅く、次の埋め立て地の選定や早い減量化取り組みが必要」との意見が出されました。ゴミの減量化へ向けた取り組みを行政と市民が協力し早急に行う必要があります。

【2日目】は、1日目で分かれたグループ毎に討議内容の発表を行いました。環境に対する各自治体の取り組み内容についての報告を聴くことができ、とても勉強になりました。先進自治体の具体的な取り組みについては学ぶところが多く、長岡京市においてもぜひ参考にしていきたいと考えています。

皆様も、各家庭からでるゴミをどうすれば減らせるか、ご家族で一度話し合われてみてはいかがでしょうか?

乙訓市町議会議員研修会に出席しました。

2002年2月5日 火曜日

2/1(金)に行われた乙訓市町議会議員研修会に出席しました。この研修会は向日市・大山崎町・長岡京市の議会議員を対象に開催され、今回は「地震活動期の西日本」というテーマで、京都大学副学長・京都大学教授の「尾池和夫」氏の講演を2時間ほど聴きました。同じ席に向日市・大山崎町・長岡京市の行政の方々も聴きに来られていました。

2040年頃に発生する確率の高い海溝型の南海地震(東海沖から紀伊半島、四国沖にかけて存在する南海トラフ近辺を震源とする地震)の前に、歪がたまったプレート上での内陸型地震(活断層がずれることにより発生する地震)が発生しやすくなってくるそうです。1995年の阪神淡路大震災や、2000年の鳥取県西部地震などは、その内陸型地震であり「西日本が地震活動期に入った」ことの一例だそうです。

西日本が地震活動期に入っていることをしっかりと認識し、私たちも地震に対する防災意識を高めておく必要を痛感しました。まずは皆さんも、寝ている時に地震が発生して何かの下敷きにならないように、寝室には(1)タンスなど倒れてくるものがないところを選ぶ。(2)倒れてくるものを置かない。これらのことから始めてみませんか?

長岡京市議員研修会に出席しました。

2002年1月31日 木曜日

1/24(木)に行われた長岡京市議員研修会に出席しました。
「地方分権と地方議会」という演題で、今は退職されました全国都道府県議会議長会の議事調査部長を勤められていた「野村 稔」氏の講演を2時間ほど聴きました。

今回の講演内容は、

 □ 地方議会の役割について
 □ 議会運営委員会について
 □ 議員について
 □ 発言について
 □ 分権時代の地方議会運営について
 □ 議会事務局について

の6項目で、これからの地方分権を迎えて地方議員はどうあるべきかなど示唆に富む研修でした。

議会では何をしているのか、議員は普段何をしているのか、市民の皆様の疑問にできるだけ分かりやすく正確に伝えていきたいと思っております。皆様も、長岡京市政やその他どのようなことでも結構ですので、どうぞお気軽に声を掛けてください。

成人式に出席しました。

2002年1月31日 木曜日

1/14(月)に長岡京記念文化会館で行われた長岡京市成人式に出席しました。今年の長岡京市の新成人は941名でした。新成人のスーツ姿や晴れ着姿などを見ていると、もう17年前になりますが、自分の成人式を思い出しました。

祝辞として長岡京市長や市議会議長も述べられていましたように、成人=大人になったことでたくさんの権利を獲得することになりますが、その「権利」に伴う、果たさなければならない「義務」も同時に生じたことを忘れないでください。これからは一人前の大人として、責任ある行動を心がけて欲しいと思います。「新成人のみなさん、おめでとう。共に頑張りましょう!」

そして今日1月17日で阪神淡路大震災から丸7年となりました。さらなる復興・再建を心よりお祈り申し上げます。

年賀交歓会と消防出初式に出席しました。

2002年1月31日 木曜日

1/4(金)に行われた4団体共催の「長岡京市年賀交歓会」と、長岡京市商工会主催の「新春年賀交歓会」に出席しました。まだまだ厳しい経済状況下で、地方自治体の財政運営のあり方次第で住みやすさの地域差が生じてくることが十分考えられます。長岡京市が決して「負け組」にならないよう、しっかりと活動してまいります。

1/6(日)には「長岡京市消防出初式」に出席しました。◆第1部として長岡中学校グラウンドで式典があり、乙訓消防組合長岡京消防署、長岡京市消防団(第1~5分団)、長岡京市内企業の自衛消防団の方々がグラウンドに整然と揃われ、優良消防団員の表彰などが行われました。◆第2部は長岡京消防署前を行進され、長岡天満宮の八条が池への放水が行われました。当日の上空は風がきつく狙いを定めるのに苦労されていました。

年末年始に大きな火災はありませんでしたが、冬場は火を使うことも多いので十分注意したいものです。皆さんも今一度、火の始末をご確認下さい。

このページのトップへ