活動記録

進藤ひろゆきの主な日々の活動についてお伝えします。

「乙訓市町議会議長会管外視察研修」に行ってきました。(5/13・14)

2019年5月17日 金曜日

5/13(月)と14(火)に「乙訓市町議会議長会管外視察研修」として、神奈川県寒川町と神奈川県秦野市に、福島議長と一緒に行ってきました。

※「乙訓市町議会議長会」は、乙訓2市1町(大山崎町・向日市・長岡京市)の正副議長が会員として参加し、乙訓2市1町のさらなる発展へ向けて、共通する課題などに対応していくための団体です。

■5/13(月) 神奈川県寒川町
~茅ヶ崎市、寒川町の広域連携について

寒川町では、限られた行財政基盤の中で、多様化する住民ニーズにしっかりと対応しつつ、事務の効率化を図っていくために、単独の自治体で事務を行うのではなく、複数の自治体で広域連携を推進していく必要性から、住民の通勤や通学、経済活動、住民活動が同一の圏域として隣接する茅ヶ崎市との結びつきが強いため、早い段階から官民問わず様々な広域連携や交流が茅ヶ崎市と行われていました。

<寒川町研修風景>
<寒川町議場にて>



研修の中では、寒川町・茅ヶ崎市と隣接する藤沢市を含んだ「湘南広域都市行政協議会」と事業の線引きをどのようにしているのか、また自治体間の広域連携のあり方など、多くのことについて学ばせていただきました。

乙訓2市1町では、ごみ処理、福祉事務、消防の3つの事務組合を持ち、広域連携を行っていますが、寒川町と茅ヶ崎市の広域連携のあり方は、様々な分野や項目にわたっており、また職員さんの交流を継続して行うなど、私たちの広域連携よりかなり先を進んでいる取り組みであると感じた研修でした。

■5/14(火) 神奈川県秦野市
~デマンド型乗合タクシー・乗合自動車について

秦野市では、少子高齢化・モータリゼーションの進展により、バス利用者が平成10年から17年間で約21%減少したこと、平成14年2月の道路運送法の一部改正により路線バス事業者が廃止を検討する路線が出てきたこと、また従来から路線バスではカバーできていない地域への対応などの課題に対して検討するために、平成19年5月に地域公共交通会議を立ち上げられました。

<秦野市研修風景>
<秦野市議場にて>



そして、その地域公共交通会議で、新たな地域公共交通に係る運行基本計画を平成20年3月に策定され、乗合タクシーを基本に新たな地域公共交通を導入することを決められました。

実現へ向けた検討を進められて、現在では、路線固定型乗合タクシーとして固定した2ルート(渋沢駅・秦野赤十字病院ルート/おおね台ルート)、デマンド型乗合タクシーとして2地区(渋沢駅と栃窪・渋沢)を結ぶ乗車・降車は指定可能なルート、そして、路線固定型の上地区乗合自動車を、民間事業者の運営により行われています。

秦野市で行われている、渋沢駅前商店会や東海大学駅前商店街が発行するスタンプカードとの連携や、新たな収入確保に向けた取り組みなどは、長岡京市で現在運行している「はっぴいバス」や、今年の4月から実証実験を経て本格運行となった「東部バス」にとって、参考になった研修でした。

今回の管外視察研修で学んだことを、2市1町それぞれの発展に活かしていきたいと考えるところです。

「令和元年度水防訓練」に出席しました。(5/12)

2019年5月16日 木曜日

5/12(日)の午前中に淀川(宇治川)右岸淀大橋下流河川敷にて、澱川右岸水防事務組合と桂川・小畑川水防事務組合の共催で行われた「令和元年度水防訓練」に出席しました。

当日の訓練には、構成市町である京都市、八幡市、久御山町、長岡京市、大山崎町から【約30名】、長岡京・大山崎水防団、淀・久御山・八幡水防団、淀水防団、納所・向島水防団、横大路水防団、羽束師水防団、下鳥羽水防団、久我水防団、竹田水防団の計9水防団から地元高校生や学生を含む【約200名】、京都市消防航空隊、京都市伏見消防署、京都市伏見消防団から【約120名】、近隣地区の淀学区自主防災会、淀南学区自主防災会、納所学区自主防災会、長町・樋ノ口連合自治自主防災隊、大橋辺自主防災会から【約330名】、淀地域女性会、淀南婦人会、納所地域女性会から【約20名】、計約700名の方々が参加される大きな水防訓練でした。

<長岡京・大山崎水防団の皆さん>
<京都市消防航空隊「あたご」による救助訓練>



参加された各団体の皆さま、本当にお疲れさまでした。

昨年の台風や豪雨による水害は記憶に新しいところです。
水害が発生する可能性の高い地域に住んでいる方々は、水害への防災について「意識と関心」を持ち、いざという時に落ち着いて対応できるように、全戸世帯に配布されている下記の「長岡京市防災ハザードマップ」を参照いただき、日頃からの備えをぜひともお願いします!

「長岡京市防災ハザードマップ」はこちら↓
 http://www.city.nagaokakyo.lg.jp/0000000329.html

「新田保育所・長岡第六小学校複合化施設の内覧会」に出席しました。(5/8)

2019年5月10日 金曜日

5/8(水)に行われた「新田保育所・長岡第六小学校複合化施設の内覧会」に出席しました。

今回の内覧会は、新田保育所の耐震化と老朽化に対応するために新築された、第六小学校プールとの複合化施設が竣工され開催されたものです。

<複合化施設正門>
<新田保育所正門>
<新田保育所遊戯室>
<新田保育所3歳児保育室>
<新田保育所園庭>
<第六小学校プール>



新園舎は、乳児用玄関と幼児用玄関が分離されており、1階が乳児(0~2歳児)保育室、2階が幼児(3~5)保育室、屋上に第六小学校のプールが設置されています。

小学校と保育所の複合化施設としては、神足小学校と開田保育所に次ぐもので、長岡京市の公共施設については、これからも引き続いて複合化をキーワードとして、施設整備がなされることを期待するところです。

連合京都乙訓地協の街頭行動に参加しました。(5/7)

2019年5月10日 金曜日

5/7(火)の17:45から18:20頃までJR山崎駅改札口にて行われた、働くものの仲間の連合京都乙訓地協の皆さんとの街頭行動に参加しました。

今回の街頭行動には、長岡京市で活動をともにする、堤じゅん太京都府議会議員、会派輝(かがやき)の綿谷正已議員、地元の岸孝雄大山崎町議会議員が参加し、連合の「なんでも労働相談ダイヤル」の紹介、また市町議会での活動報告などを中心に、それぞれ順番にマイクを使って話をさせていただきました。

<JR山崎駅改札口>

話をしていない間は、連合乙訓のボランティアの皆さんと一緒に、36協定や「なんでも労働相談ダイヤル」について書かれたチラシを入れたティッシュを、通行される皆さまに配らせていただきました。

皆さんが働いておられる職場の中で、未払い賃金がある方や職場の様々なハラスメント、労働時間や有給休暇などについて、「これはおかしい!」と思われることがある方は、ぜひ連合の「なんでも労働相談ダイヤル」0120-154-052に電話してください。

労働組合がない職場で働かれている方々も、労働組合は誰でもつくれますので、まずは上記ダイヤルに電話して相談してください。



また、活動中にご声援いただきました皆さま、ありがとうございました。
「進藤ひろゆき」を見かけましたら、ぜひお声掛けをお願いいたします!

「長岡京市身体障がい者団体連合会 第39回代議員総会」に出席しました。(4/27)

2019年4月30日 火曜日

4/27(土)は、「海印寺乳児園」の内覧会に行かせていただいた後、産業文化会館の1階ホールにて開催された「長岡京市身体障がい者団体連合会 平成31年度第39回代議員総会」に、市長と一緒に米国アーリントン市に訪米している福島議長の代理として出席し、祝辞を述べさせていただきました。

長岡京市では、「誰もが共に自分らしく暮らす長岡京市障がい者基本条例」が施行され、障がいのある人もない人も、地域で安心して自分らしく暮らせる共生のまちを目指して、取り組みを進めているところです。

長岡京市身体障がい者団体連合会の益々のご発展を祈念するところです。

「海印寺乳児園」の内覧会に行ってきました。(4/27)

2019年4月30日 火曜日

4/27(土)は、「第90回連合乙訓地域メーデー」に出席させていただいた後、長岡京市で認定こども園の「海印寺保育園」を運営される社会福祉法人長岡福祉会が新たに開設される「海印寺乳児園」の内覧会に行かせていただきました。

<海印寺乳児園>
<園内>



今回の乳児園は、0、1歳児の乳児19名を定員として、乳児の待機児童受け入れと、同時に地域の高齢者の方々と子どもたちの交流事業「地域共生社会実現サポート事業」の実践を検討されています。

長岡京市での保育所待機児童解消に向けて、今後とも民間事業者と連携した取り組みを展開していくよう市に期待するところです。

「第90回連合乙訓地域メーデー」に出席しました。(4/27)

2019年4月30日 火曜日

開始前に小雨が降り、かなり気温も下がった寒い朝でしたが、4/27(土)にバンビオ広場公園にて開催された「第90回連合乙訓地域メーデー」に出席しました。

<メーデー舞台>

式典の開始前には、例年の通り連合乙訓に集う組合の皆さんによるデモ行進も行われました。
当日は、組合員とご家族を含めた多くの方々が参加し、楽しい1日を過ごされていました。

地域メーデーに参加された皆さま、バンビオ広場公園で出店された皆さま、当日運営を担当された連合乙訓役員の皆さま、お疲れさまでした。

「サントリー京都ブルワリー竣工50周年 謝恩の会」に行ってきました。(4/25)

2019年4月30日 火曜日

4/25(木)にサントリー京都ブルワリーのゲストハウスにて開催された、「サントリー<天然水のビール工場>京都ブルワリー竣工50周年 謝恩の会」に福島議長とともに行ってきました。

<中小路健吾市長の挨拶>

謝恩の会に先立って行われた工場見学会にも参加させていただき、久しぶりに工場内を見させていただきました。
また、謝恩の会では京都ブルワリーの50年の歴史についてのビデオが放映されるなど、楽しいひと時を過ごさせていただきました。

サントリー京都ブルワリーさんの今後ますますの発展を祈念いたします。

「長岡京春の観光まつり」に行ってきました。(4/20)

2019年4月30日 火曜日

4/20(土)は、さくらんぼ保育園・かえで保育園の内覧会に行かせていただいた後、4/1(月)~5/6(月)まで行われている「長岡京春の観光まつり」として、乙訓寺と長岡天満宮境内のたけのこフェスタに行かせていただきました。

<乙訓寺表門>

残念ながら乙訓寺のボタンは、まだほとんど開花していない状況で、見頃は月末になるとのことでしたが、開花していたボタンはきれいな色で花を咲かせていてました(4/28(日)に別途訪れた際は見頃になっていました(掲示板に掲載しています))。

<ボタン その1>
<ボタン その2>



乙訓寺の後は、長岡天満宮境内で開催されていたたけのこフェスタに行かせていただきました。
今年のたけのこは不作のため、用意されたたけのこは会場に着いた頃には売り切れとなっていました。

長岡天満宮のきりしまつつじも乙訓寺のボタンと同じく、開花はまだまだといった状況で、こちらも見頃は月末になるとのことでした(こちらも4/28(日)に別途訪れた際は見頃になっていました(掲示板に掲載しています))。

また、長岡天満宮境内では、亀岡市の観光マスコットキャラクター「明智かめまるくん」と、ガラシャ祭マスコットキャラクターの「お玉ちゃん」、京都・長岡京おもてなし部隊となった「乙訓戦国つつじ」の皆さんと、来られた方々との記念写真撮影で大人気となっていました。

<福島議長と明智かめまるくん・お玉ちゃん・乙訓戦国つつじの皆さん>

「長岡京春の観光まつり」は、5/6(月)まで行われていますので、皆さまぜひどうぞお越しください!

「さくらんぼ保育園・かえで保育園」の内覧会に行ってきました。(4/20)

2019年4月30日 火曜日

今年の4月から社会福祉法人桜桃福祉会が運営を開始した開始された、複合型保育園のさくらんぼ保育園・かえで保育園の内覧会に、福島議長とともに行ってきました。

<保育園入口>

認可保育所のさくらんぼ保育園は、定員110名の保育園で、園庭の一角には園児の食育を促進するために、季節の野菜などを栽培する畑がありました。

<保育室内の遊具>
<園庭>



企業主導型保育事業所のかえで保育園は、定員30名で(株)村田製作所さんの従業員の子どもを保育する園ですが、病気やケガの回復期にある子どもについては、地域の皆さまにも活用いただける病後児保育施設が併設されています。

長岡京市での保育所待機児童解消に向けて、今後とも民間事業者と連携した取り組みを展開していくよう市に期待するところです。

このページのトップへ