活動記録

進藤ひろゆきの主な日々の活動についてお伝えします。

「長岡京市文化賞・スポーツ賞 表彰式」に出席しました。(10/27)

2018年10月30日 火曜日

10/27(土)に中央公民館の3階市民ホールにて、長岡京市と長岡京市教育委員会の主催で行われた「平成30年度 長岡京市文化賞・スポーツ賞 表彰式」に出席しました。

この表彰式は、長岡京市における文化活動とスポーツの振興・発展に貢献された方、スポーツ活動で優秀な成績を納められた方々を表彰するもので、今年は下記の賞で個人・団体の方々がそれぞれ表彰されました。

<中小路市長の開会あいさつ>

■文化賞:
 文化功労賞 1名
 文化交流賞 2名
 文化奨励賞 5名・2団体

■スポーツ賞:
 特別優秀選手賞 2名
 功労賞 6名・1団体
 優秀選手賞 58名・4団体
 マスターズ賞 2名・1団体
 わかたけ賞 29名・10団体

受賞された皆さま、おめでとうございます。
これからも皆さまのますますのご活躍を祈念いたします!

「乙訓私立幼稚園協会園児大会」に出席しました。(10/24)

2018年10月30日 火曜日

10/24(水)に向日市民体育館にて開催された「第50回乙訓私立幼稚園協会園児大会」に出席させていただきました。

当日は、”みんなで遊ぼう”のコーナーで、”ジャンケン列車”を園児たちと一緒に遊ばせていただきました。

<ジャンケン列車>

童心に帰ったひと時を過ごさせていただきました。

研修視察に行ってきました。(10/22・23)

2018年10月29日 月曜日

10/22(月)と23(火)に会派「輝」の5人(大伴・綿谷・冨田・宮小路・進藤)で、会派研修視察として富山県砺波市と富山県富山市へ行ってきました。

■10/22(月) 富山県砺波市
~三世代同居推進事業について

砺波市では、世代間の支え合いが期待される「三世代同居(三世代以上の親族が同一敷地内または隣接する敷地に居住している状態)」を推進するために、様々なケースに応じた支援事業を展開されています。

〇三世代子育て応援・近居家庭の「子育て」を支援
 ①三世代子育て応援給付金給付事業/②となみっ子 子宝券交付事業
〇三世代同居・近居家庭の「住宅の新増改築等」を支援
 ③三世代同居・近居住宅支援事業/④定住促進空き家利活用補助金
〇「世代間の交流」を支援
 ⑤孫とお出かけ支援事業/⑥三世代交流ふれあい事業
〇三世代同居家庭の「高齢者・介護者」を支援
 ⑦高齢者ちょっとねぎらい事業/⑧介護者もちょっと一息事業

<研修風景>
<砺波市役所入口にて>



三世代同居を推進するために平成26年度からスタートされていた「孫とお出かけ支援事業」に加えて、市長から他のアイデアを募られた職員から提案された他の7つの事業、計8事業を平成27年度から同時にスタートされたのは全国初の取り組みとなっています。

この事業の成果は、まだスタートして数年が経過した段階のため、明確な数値としてはつかめていないとのことでしたが、この取り組みは、「定住促進」と「交流の拡大」を進めている長岡京市にとっても有効な政策と考えられ、とても参考となった研修でした。

■10/23(火) 富山県富山市
~コンパクトシティ(路面電車の利用推進)について

富山市では、公共交通を軸とした拠点集中型のコンパクトなまちづくりを実現するために、①公共交通の活性化、②公共交通沿線地区への居住推進、③中心市街地の活性化の3本柱をたてて、施策の展開を図られています。

公共交通の活性化のために、これまでに富山ライトレールの整備(平成18年開業)、市内電車環状線(セントラム)化事業(平成21年開業)が完了し、現在では路面電車南北接続事業に取り組まれています。

公共交通利用促進に向けては、おでかけ定期券事業(65歳以上の高齢者を対象に市内各地から中心市街地へ出かける際の公共交通利用料金を1回100円とする取り組み)、花Tramモデル事業(「花で潤うまち」を創出するために指定の花屋で花束を購入した場合に路面電車の運賃を無料化する取り組み)など、ユニークな事業も展開されています。

これらの取り組みにより、市内電車の利用者数は平成18年度までは減少傾向でしたが、平成19年度以降は増加に転じて、現在も利用者数は増加しています。

<研修風景>
<富山市議会議場にて>



また、市内電車の環状線化により、中心市街地での再開発事業などの民間投資が活発化し、環状線化での軌道新設区間周辺では地価を維持しており、直近の4年間は上昇傾向にあるとのことでした。

そして、公共交通沿線地区への居住を推進するために、まちなか居住推進事業を平成17年7月から、公共交通沿線居住推進事業を平成19年10月から、それぞれ取り組まれており、社会増減(転入者と転出者の差)が、中心市街地では平成20年から転入超過を維持し、公共交通沿線居住推進地区では平成24年の転入超過以降、転入超過者数は増加傾向となっていました。

今回は、コンパクトシティを目指した取り組みの中で、公共交通である路面電車の利用推進を中心とした内容について学ばせていただきましたが、「定住促進」と「交流の拡大」を進めている長岡京市にとって、とても参考となった研修でした。

長岡京市の戦略目標となっている「定住促進」と「交流の拡大」へ向けて、今回の研修で実際に見て聞いて学んだことを、長岡京市での定住・移住政策に活かし、今、長岡京市に住んでおられる方々はもとより、市外の方々にも「住んでみたい」と思ってもらえる長岡京市をめざしてこれからも活動を推進してまいります。

大山崎町議会議員選挙【5日目】 (10/20)

2018年10月20日 土曜日

10/20(土)は選挙戦最終日となった、大山崎町議会議員選挙で、3期目の挑戦となる岸たかお候補の応援に入らせていただきました。

大山崎町役場前でのスポット演説では、同時に行われている町長選挙に2期目の立候補をしている、現職の山本けいいち候補が応援に駆けつけてくださいました。

<岸たかお候補とともに>
<山本けいいち候補の応援>



進藤ひろゆきは、町議会議員選挙では岸たかお候補を、町長選挙では山本けいいち候補の当選へ向けて、支援をさせていただいています。

明日の21(日)が投票日です。
大山崎町の皆さん、必ず投票に行ってください!

乙訓消火技術競技会に出席しました。(10/19)

2018年10月20日 土曜日

10/19(金)に三菱ロジスネクスト(株)総合グラウンドで、乙訓消防組合と乙訓防火・危険物安全協会の主催、(一社)京都府危険物安全協会連合会の協賛で行われた「第12回 乙訓消火技術競技会」に出席しました。

今年も乙訓2市1町から、消火器操法部門(女子)に10チーム、消火器操法部門(男子)に22チーム、屋内消火栓部門に19チームが参加し、それぞれの自衛消防隊の方々が日頃訓練されている消火技術を競いました。

<消火器操法部門(女子)>
<消火器操法部門(男子)>
<屋内消火栓部門>

受賞されたチームの皆さん、おめでとうございました!

大山崎町議会議員選挙【1日目】 (10/16)

2018年10月19日 金曜日

10/16(火)から大山崎町議会議員選挙と大山崎町長選挙が始まり、初日の16(火)は乙訓地域で活動をともにしている「岸たかお」大山崎町議会議員候補の出陣式に出席しました。

<岸たかお候補とともに>

「岸たかお」候補は3期目への挑戦となります!

“進藤ひろゆき”は、町議会議員選挙では「岸たかお」候補を、町長選挙では現職2期目への挑戦となる「山本けいいち」候補を応援しています。

投票日は10/21(日)です。
皆さまのご支援をよろしくお願いいたします。

長岡京市民大運動会の開会式に出席しました。(10/14)

2018年10月19日 金曜日

台風25号接近の可能性があるため10/14(日)に順延となった、「第56回長岡京市民大運動会」に福島議長の代理として6つの小学校区に出席しました。

今年の長岡京市民大運動会は長岡第三小学校をメイン会場として行われ、この日は長三小、長十小、長六小、神足小、長四小、長法寺小の順に回らせていただきました。

<長三小での議長挨拶代読>

当日は、各小学校区で参加された市民の皆さんが、各競技に汗を流されていました。
準備と運営を担当された各小学校区関係者の皆さま、お疲れさまでした。

「市民文化まつり」の開会セレモニーに出席しました。(10/13)

2018年10月19日 金曜日

京都府長岡京記念文化会館にて10/13(土)の午前中に、長岡京市文化協会の主催、長岡京市・長岡京市教育委員会・京都新聞・エフエム京都の後援で行われた「第56回 市民文化まつり」の開会セレモニーに出席しました。

開会セレモニーの最後には、長岡京市マーチングバンドスポーツ少年団の皆さんによる演奏がありました。

「市民文化まつり」は、12(金)から14(日)まで、書道、漢詩、絵画、写真、砧絵、盆石、茶花、生け花、陶芸、木彫、編物、パッチワークなどの美術工芸展や、古典芸能、日舞、音楽、洋舞などの芸能発表が行われ、また模擬店・お茶席も設けられて、多くの方々にご来場いただきました。

準備と運営に携わられた皆さま、お疲れさまでした。

議会運営委員会の行政視察に行ってきました。(10/11・12)

2018年10月19日 金曜日

10/11(月)と12(火)に、私が副委員長を務める議会運営委員会の行政視察として、神奈川県横須賀市議会と東京都多摩市議会へ、議会改革を学びに行かせていただきました。

■10/11(月) 神奈川県横須賀市議会

~議会改革について(議会報告会について)

横須賀市議会では、長岡京市より早く平成22年6月に議会基本条例を制定され、以降様々な議会改革に取り組みまれてきました。
今回の視察では、議会報告会を中心に学ばせていただきました。

<横須賀市議会議場>

横須賀市議会では、平成29年4月までは、4つの常任委員会の副委員長と各会派(無会派含む)の代表7名の計11名からなる議会報告会等準備委員会を立ち上げて、議会報告会と意見交換会を運営されていました。

平成29年5月からは、効果的な広報広聴のあり方、市議会だよりの発行、議会報告会と市民との懇談会の開催について協議を行うために、各会派の比率により割り当てられた10名と会派に属さない議員のうちから1名の計11名からなる「広報広聴会議」を立ち上げられ、議会報告会の運営をされています。

議会報告会は、初年度の平成22年度は1月に1回の開催、以降は毎年4月(改選年は7月)に開催し、平成23~28年度は2日間・5会場、平成29年度は2日間・4会場、平成30年度は2日間・3会場での開催でした。
参加者数は減少傾向となっており、報告会の活性化と参加者の意見を政策提言につなげることを目的に、平成30年度は参加者と議員がフリートークをグループ単位で行う「市民との意見交換」を、議会報告の後に第2部として導入されました。

また、平成29年3月に高校生版議会報告会を市立横須賀総合高校に出向いて生徒と卒業生など17名と行い、平成30年3月には市内高校4校の生徒24名と、議場で議会報告の後に「よこすかをより魅力的な街にするには」というテーマでワークショップ形式の意見交換会を開催されていました。

長岡京市議会運営委員会においても、市民の皆さまとの意見交換会のあり方について、現在検討をすすめているところで、この横須賀市議会さんの取り組みはおおいに参考となりました。

■10/12(火) 東京都多摩市議会

~議会改革について(議会報告会について/議会Facebookページについて)

多摩市議会では、長岡京市より早く平成22年9月に議会基本条例を施行し、以降様々な議会改革に取り組みまれてきました。
今回の視察では、議会報告会と議会Facebookページを中心に学ばせていただきました。

<多摩市議会議場>

多摩市議会では、議会報告会を平成22年11月以降、原則として毎年春と秋の2回全議員参加により実施されてきました。
そして、最近の議会報告会の内容は、市民との意見交換に重点が置かれることが多くなってきたため、平成28年度に議会基本条例を改正して、議会報告会と意見交換会を選択して開催できるようし、平成29年には「意見交換会」として開催されています。

また、若い世代との意見交換にも力を入れ、平成26年秋の議会報告会は青少年問題協議会地区委員会の会議や会合に出向いて10地区委員会9カ所での開催や、平成28年4月には近隣大学に声かけを行い、大学生向けの議会報告会も開催されいています。

議会Facebookページについては、議会ホームページの閲覧者数が増加していないことから、議会活動をより身近に感じていただくために、特に若い世代に関心を持ってもらうために、平成29年度から議会事務局において導入の検討をされて、平成30年4月から「多摩市議会Facebookページ」を正式運用されています。

まだ、たちあげて6カ月というところであるため、効果については検証中とのことでしたが、長岡京市議会運営委員会においても、Facebookページの開設について、現在検討を進めているところで、この多摩市議会さんの取り組みはおおいに参考となりました。



長岡京市議会においても、これまでに議会基本条例の制定以降、様々な議会改革の取り組みを進めていますが、今回の視察で学ばせていただいた横須賀市議会と多摩市議会で実施されている様々な取り組みは、長岡京市議会においても、今後のさらなる議会改革に向けて、おおいに参考となった研修でした。

今回の視察において、実際に見て聞いて学んだことを、これからの長岡京市議会改革に活かしていきたいと考えます!

乙訓消防組合議会 平成30年第3回定例会 (10/9)

2018年10月10日 水曜日

10/9(火)に行われた乙訓消防組合議会の平成30年第3回定例会に出席しました。

今回の定例会で審議された議案は、「財産(水槽車)の取得について」と「平成29年度一般会計歳入歳出決算の認定について」の2議案で、それぞれ可決・認定されました。

乙訓消防組合の平成29年度一般会計の決算額は、歳入総額が21.08億円(前年度比5.5%増)、歳出総額が20.95億円(前年度比7.5%増)で、実質収支は1,274万円の黒字でしたが、前年度の実質収支などを考慮した実質単年度収支は、679万円の赤字決算でした。

審議された議案の詳細など、ご質問がありましたら「進藤ひろゆき」までお願いいたします。

乙訓消防組合は、向日市・長岡京市・大山崎町の乙訓2市1町で構成する一部事務組合のひとつで、乙訓消防組合議会は長岡京市議会から4名、向日市議会から3名、大山崎町から2名の計9名の議員で構成されています。

乙訓消防組合消防本部のホームページ↓
http://www.otokuni119-kyoto.jp/

このページのトップへ