議会報告

長岡京市議会ってどうなっているの?

議会のしおりと解説

市議会の本会議の会議録を検索!

長岡京市議会会議録検索システム

2001年
平成13年
              12月
2002年
平成14年
  3月   6月   9月   12月
2003年
平成15年
  3月   6月   9月 10月
(臨時)
12月
2004年
平成16年
  3月   6月   9月   12月
2005年
平成17年
  3月   6月   9月 10月
(臨時)
12月
2006年
平成18年
  3月   6月 7月
(臨時)
9月   12月
2007年
平成19年
  3月   6月   9月 10月
(臨時)
12月
2008年
平成20年
  3月   6月   9月   12月
2009年
平成21年
  3月 5月
(臨時)
6月   9月 10月
(臨時)
12月
2010年
平成22年
1月
(臨時)
3月   6月   9月   12月
2011年
平成23年
  3月   6月   9月 10月
(臨時)
12月
2012年
平成24年
  3月   6月   9月   12月
2013年
平成25年
  3月 5月
(臨時)
6月   9月 10月
(臨時)
12月
2014年
平成26年
  3月   6月   9月   12月
2015年
平成27年
  3月   6月   9月 10月
(臨時)
12月
2016年
平成28年
  3月   6月   9月   12月
2017年
平成29年
  3月   6月   9月 10月
(臨時)
12月
2018年
平成30年
  3月   6月   9月   12月
2019年
平成31年/
令和元年
  3月   6月   9月 10月
(臨時)
12月
2020年
令和2年
  3月   6月   9月    

議会報告のトップへ戻る

2019年9月

令和元年9月定例議会 「会期8月27日(火)~9月24日(月)」 主要議案とポイント

議案:第50~83号議案34件/諮問:3件/報告:3件/陳情:1件/意見書案:2件

  • 平成30年度一般会計歳入歳出決算の認定(第58号議案)
    • 歳入総額292.9億円、歳出総額282.5億円で、実質単年度収支は0.9億円の赤字決算。
  • 平成30年度各特別会計歳入歳出決算の認定(第59~71号議案)
    • 13会計の合計で歳入総額169.7億円、歳出総額158.1億円。
  • 平成30年度水道事業会計決算の認定(第72号議案)
    • 消費税及び地方消費税を含む収益的収入は23.1億円、収益的支出は21.1億円の黒字決算。
  • 平成30年度公共下水道事業会計決算の認定(第73号議案)
    • 消費税及び地方消費税を含む収益的収入は29.6億円、収益的支出は29.9億円の赤字決算。

※他の議案は、令和元年度の一般会計補正予算などです。

進藤ひろゆきからのコメント! 「公平で公正な人事評価制度の運用を!」
  • 地方公務員法の一部改正により、平成28年度から「任命権者は、人事評価を任用、給与、分限その他の人事管理の基礎として活用するものとする」こととなりました。
  • 決算審査特別委員会小委員会の総括質疑において、長岡京市の人事評価制度が、上司と部下の対話をしっかりと行うことを基本として、公平・公正に職員の皆さん方の信頼が得られるものとなるように運用していただくことを要望しました。
  • 人事評価制度の運用状況について、しっかりと注視してまいります。

令和元年9月定例議会 「進藤ひろゆき・一般質問」 ~ 全文

(お願い:この記録は進藤ひろゆき・一般質問の全文です。進藤ひろゆきの「想い」を皆様に少しでもリアルにお伝えできればと、文言もできるだけそのまま掲載していますが、長岡京市議会の公式記録ではありません。どうぞ予めご了承ください。)

それでは、通告に従いまして、
1.長岡京市のICT化推進について、1点
2.地籍調査について、3点
2項目計4点の質問をいたします。

まず、1項目めの長岡京市のICT化推進について、お聞きします。

長岡京市のICT化推進については、平成30年6月議会の一般質問において、これまでの長岡京市役所内でのペーパーレス化への取り組み状況を具体的な数字としてあげながら、ペーパーレス化の紙代の削減だけでなく、将来的な業務の効率化や、それに伴う人件費の削減など、大きな成果につながる自治体行政業務のICT化へ向け、早期に検討を進めていく必要性について、静岡県焼津市のノートブック型PCの更新時期での約670人の全職員へのタブレット配布や、東京都豊島区での新庁舎移転にともなう文書管理システムの導入を含む、情報システムの大幅な見直しなどのICT化へ向けた取り組みの事例を紹介しながら、長岡京市においても新庁舎への移転を控えた今まさにこのとき、ペーパーレス化、業務の効率化にとどまらず、職員さんの意識改革、パラダイムシフトにつながるような、今後の長岡京市の将来を見据えた、ICT化推進へ向けた検討をするべきではと、市長にその見解を聞かせていただきました。

その質問に対して、市長からは「基本設計から実施設計へ進む中で、ICTの活用について、情報セキュリティ確保や経費など、先進市の事例を情報収集し、今後の長岡京市の将来を見据えた検討を進めてまいりたいと考えて」いるとの答弁をいただきました。

その一般質問から1年と2カ月あまりが経過しました。
現時点では新庁舎の基本設計が確定し、詳細設計が進められている状況です。
長岡京市のICT化をワンランク上に向けて推進するためには、新庁舎建設の詳細設計の検討を行っている、この時が絶好の好機であり、今まさにこのタイミングしかないと考えます。

議会運営委員会では、より市民の皆さんに開かれた議会を実現すべく、議会のICT化へ向けた検討を進めており、先日も新庁舎建設にともなう議会ICT化へ向けた取り組みについて、山口県の周南市議会と下関市議会に伺わせていただきました。
両市に伺わせていただき、我々の議会も、ICT化へ向けた取り組みを、先進他市議会の事例も参考にしながら、強力に推進していく必要性を再認識させていただきました。

そこで1点の質問をいたします。

【1】新庁舎建設の基本設計から実施設計へ進んでいる今、長岡京市のICT化推進へ向けた検討状況について、市長からお聞かせください。

次に、2項目めの地籍調査について、お聞きします。

地籍調査については、平成24年に当時の民主フォーラムの堤元議員から、平成25年には公明党の福島当時は議員から、その重要性、必要性に鑑みて、一般質問に取り上げられてきました。
私からも、平成27年12月議会での一般質問や、平成30年3月議会での予算審査常任委員会小委員会での総括質疑において、地籍調査実施についての見解を、聞かせていただいてきました。

その中で、平成30年3月議会での予算審査常任委員会小委員会での総括質疑では、向日市が災害復旧に備えての地籍調査を、計40.2ヘクタールで民間事業者と協力して平成30年度から本格的に実施していくために、当初予算で4,100万円を計上されたことをあげながら、長岡京市においても災害復旧の迅速化や公共事業の推進のために、地籍調査を実施するべきでは?との質問をさせていただきました。

その質問に対して、建設交通部長から、「地籍調査の必要性や効果につきましては、十分認識をしておりますけれども、本市では現段階で未着手」で、「京都府内26市町村のうち、未着手である10市町村のうちの1市」であるが、「平成22年度にJR長岡京駅西口再開発事業の区域、約3ヘクタール」と「JR長岡京駅東口の企業用地5ヘクタール」において、「国が実施した地籍調査の先行調査」である「都市部官民境界基本調査の区域」については、「平成34年度(令和4年度)までに地籍調査を完了するよう国から指導があったため、平成32年度(令和2年度)に調査を開始するための検討を現在行っている」との答弁がありました。

そして、いよいよ今議会に提案されている令和元年度一般会計補正予算(第1号)において、地籍調査事業基本計画策定業務委託料が計上されました。

そこで質問いたします。

【2】今議会に提案された令和元年度一般会計補正予算(第1号)で、地籍調査事業基本計画策定業務委託料として、495,000円が計上されていますが、本市においても、今年度から地籍調査に着手していくということでしょうか?

【3】着手されるとすれば、この地籍調査事業基本計画策定業務は、平成30年3月議会の予算審査常任委員会小委員会の総括質疑において答弁されていた、国から指導のあったJR長岡京駅東西地区の地籍調査を、令和2年度から着手するということでしょうか?

【4】着手されるとすれば、その後についての地籍調査は、どの地域を、どのようなスケジュールで進めていくお考えか、お聞かせください。

以上で1回目の質問を終わらせていただきます。
理事者の皆様におかれましては、明確かつ簡潔なご答弁をお願いいたします。

このページのトップへ