議会報告

長岡京市議会ってどうなっているの?

議会のしおりと解説

市議会の本会議の会議録を検索!

長岡京市議会会議録検索システム

2001年
平成13年
              12月
2002年
平成14年
  3月   6月   9月   12月
2003年
平成15年
  3月   6月   9月 10月
(臨時)
12月
2004年
平成16年
  3月   6月   9月   12月
2005年
平成17年
  3月   6月   9月 10月
(臨時)
12月
2006年
平成18年
  3月   6月 7月
(臨時)
9月   12月
2007年
平成19年
  3月   6月   9月 10月
(臨時)
12月
2008年
平成20年
  3月   6月   9月   12月
2009年
平成21年
  3月 5月
(臨時)
6月   9月 10月
(臨時)
12月
2010年
平成22年
1月
(臨時)
3月   6月   9月   12月
2011年
平成23年
  3月   6月   9月 10月
(臨時)
12月
2012年
平成24年
  3月   6月   9月   12月
2013年
平成25年
  3月 5月
(臨時)
6月   9月 10月
(臨時)
12月
2014年
平成26年
  3月   6月   9月   12月
2015年
平成27年
  3月   6月   9月 10月
(臨時)
12月
2016年
平成28年
  3月   6月   9月   12月
2017年
平成29年
  3月   6月   9月 10月
(臨時)
12月
2018年
平成30年
  3月   6月   9月   12月
2019年
平成31年/
令和元年
  3月   6月   9月 10月
(臨時)
12月
2020年
令和2年
  3月   6月   9月 11月
(臨時)
12月
2021年
令和3年
  3月   6月   9月 10月
(臨時)
12月
2022年
令和4年
  3月   6月 7月
(臨時)
9月 10月
(臨時)
12月
2023年
令和5年
  3月   6月   9月 10月
(臨時)
12月

議会報告のトップへ戻る

2023年12月

令和5年12月定例議会 「会期12月5(火)~12/20日(水)」 主要議案とポイント

議案:第87~112号議案26件/請願:1件/陳情:1件/議会条例:1件/意見書:4件/決議:1件

  • 長岡京市新庁舎等建設工事請負契約の変更(第7回)について(第90号議案)
    • インフレスライド条項の適用により、請負金額を9.8億円増額し、100.8億円とするものです。
  • 令和5年度長岡京市一般会計補正予算(第8号)(第107号議案)
    • 既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ8.5億円を追加し、総額を373.0億円とするものです。
    • 内容は、生活応援金給付金給付事業、商工会支援事業などです。

※他の議案は、長岡第四小学校再整備工事請負契約の変更(第3回)、人事院勧告にともなう条例の一部改正と各会計補正予算などです。

進藤ひろゆきからのコメント! 「議会ICT化へ向けて」
  • これまでの本会議に加えて、この12月議会から各委員会の動画配信がスタートし、総務産業・建設水道・文教厚生・予算審査各常任委員会、議会運営委員会、議会改革特別委員会のライブ映像と録画映像を見ることができるようになりました。
  • また、議会最終日に各議員にタブレット端末が貸与され、来年の3月議会から、いよいよペーパーレス議会がスタートします(3月議会は紙併用の試行となります)。
  • 貸与されたタブレット端末を活用し、議会ICT化へ向けた取り組みを、今後とも進めてまいります。

令和5年12月定例議会 「進藤ひろゆき・一般質問」 ~ 全文

(お願い:この記録は進藤ひろゆき・一般質問の全文です。進藤ひろゆきの「想い」を皆様に少しでもリアルにお伝えできればと、文言もできるだけそのまま掲載していますが、長岡京市議会の公式記録ではありません。どうぞ予めご了承ください。)

それでは、通告に従いまして、「産業振興について」、4点の質問をいたします。

今からちょうど20年前になりますが、平成15年9月議会の私からの一般質問で、その議会において上程された長岡京市企業立地促進条例(以降は長岡京市を省略し、企業立地促進条例と呼ばせていただきます)をとりあげながら、企業の流出を防ぎ、新たな企業の立地を誘致し、地域経済の活性化と雇用機会を創出する取り組みや、市独自の財源確保への取り組みというものが、今後も必要であることから、その時の質問では、構造改革特区についての質問をさせていただきました。

その際にとりあげた、企業立地促進条例は平成15年10月1日から施行され、これまでの間、幾度かの期間延長や要件の見直し、直近では平成31年の改正で、宿泊業の追加や、用地の追加などが行われましたが、いよいよ令和6年3月に期限を迎えようとしています。

私は、この条例制定の当初から、冒頭でも申し上げましたが、盤石な財政基盤を確立するために、法人税や個人市民税の獲得を目指し、企業誘致による地域経済の活性化や雇用の創出を生むことはもとより、市内企業の流出防止にも着眼した取り組みをすべきであるとお伝えし、これまでの条例改正については、すべて賛成させていただき、長岡京市にとって、これまで多くの成果をあげてきたと考えるところです。

しかしながら、昭和の時代に長岡京市に生産施設を建設し、立地してきた多くの企業が、その生産施設の老朽化や事業拡大・変革にともなう、施設の再整備等の課題を抱えておられる状況下で、本市の工業地域・工業専用地域の現状を見ると、これまでにも委員会などで答弁があったように土地が不足しており、あまり潤沢とは言えません。

企業としても、今述べた課題を抱えながら、長岡京市での事業継続を願ってはいても、新名神高速道路の延伸にともなう京都府南部の工場誘致が活性化するなど、企業をとりまく様々な環境変化を考慮すると、長岡京市外へ転出せざるを得ないとの判断をされることがあるかもしれません。

加えて、製造拠点の国内回帰の動きや、国の半導体等の生産拠点の整備支援強化の考えも示されている中において、長岡京市のモノづくりの機能をより効率化し、競争力を強めるとともに、働く場を維持していく動きは、今後より必要となってくるのではないでしょうか。

全国的には人口減少の中にあっても、長岡京市が人口8万人をこれからも維持していくために、優良な企業の立地は、市としても雇用を創出し、地域経済の活性化にもつながり、法人税や個人市民税のみならず、中小企業の振興にも寄与するものであると思うところであり、令和6年3月で期限を迎える、現企業立地促進条例の期限延長と内容の見直しによる条例改正は、必要なものであると私は考えるところです。

そこで、4点の質問をいたします。

【1】企業立地促進条例が、これまで長岡京市において果たしてきた役割について、総括をお願いいたします。
【2】市内の既存企業を取り巻く状況を、市としてどのように認識しているのか、お聞かせください。
【3】今後、既存企業の市外への流出防止をどのようにしていこうと考えているのか、お聞かせください。
【4】現在、期限延長の有無も含めて企業立地促進条例のあり方について、議論されているところかと思いますが、企業立地促進条例の今後の方向性を、本市としてどのように考えておられるのか、見解をお聞かせください。

以上で質問を終わらせていただきます。
ご答弁、よろしくお願いいたします。

このページのトップへ